ページの本文へ

ロジスティードソリューションズ株式会社

米国における物流を取り巻く環境

米国における物流を取り巻く環境

米国における物流を取り巻く環境

目次



※本内容は2023年8月時点の情報です。
※参照元URL:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)Webサイトhttps://www.jetro.go.jp/indexj.html

(4)米国でも利用可能!多くの国と地域で導入実績があるWMS!


倉庫業務を一括管理し効率的に運用できるWMSは、米国での倉庫業務運営において、ごく小規模な場合を除けば必須のソリューションです。また、米国の法律や各種規制の変更に迅速な対応が取れる現地体制も必要です。
在庫管理の最適化、受注処理の効率化、データの可視化、ワークフローの最適化など、米国の倉庫管理業務の多くの側面で効果が期待でき、クラウドサービスにも対応したWMSがおすすめです。

米国倉庫業務を支援する「ONEsLOGI/WMS」

当社米国法人であるLOGISTEED Solutions America, Ltd.では、日本、中国、東南アジア、中東、オセアニア、欧州、アフリカなど、多くの国と地域への導入実績がある「ONEsLOGI/WMS」(倉庫管理システム)を取り扱っております。本システムを活用することで、米国での倉庫管理を強力に支援します。
日本語/英語のバイリンガルスタッフが、要件定義から設計、導入、運用までサポートします。現地のマテリアルハンドリング事業者やロボットメーカーなどとの協業による現場構築も支援可能です。


ONEsLOGI/WMS システム概要


「ONEsLOGI/WMS」の特長は、以下のとおりです。

(1)在庫管理の最適化

リアルタイムで在庫の追跡および管理を行うので、タイムリーな在庫可視化と精度向上を実現し、在庫不足や過剰在庫といった問題を最小限にします。


(2)受注処理の効率化

受注情報をリアルタイムでシステムに取り込み、商品のピッキングや梱包などの作業プロセスを最適化することで、受注処理の正確性とスピードを向上させ、商品の迅速な出荷を可能にします。


(3)データの可視化

倉庫内のデータを可視化することで、倉庫のパフォーマンスを容易に把握でき、改善のための意思決定をサポートします。


(4)作業フローの最適化

ONEsLOGI/WMSには標準作業フローがあります。倉庫内の作業フローを最適化することにより、作業の効率性と作業員の生産性を向上させます。もしくは、事前に作業フローを改善した上で、ONEsLOGI/WMSの導入検討も可能です。


また、ONEsLOGI/WMS Cloudサービスを利用することで、以下のクラウド(SaaS)のメリットも享受できます。

(1)柔軟性と拡張性

倉庫の規模や需要の変動に応じて、容易にリソースを追加したり、新しい機能を導入したりすることが可能です。急速に変化するビジネス環境に素早く適応できます。


(2)リアルタイムのデータ共有

複数の場所や部門間で、倉庫内の在庫、受注、出荷などの情報にリアルタイムにアクセスできるので、情報の不整合や遅延を回避し、意思決定を迅速化できます。


(3)セキュリティとデータ管理

データのバックアップ、アクセス制御などのセキュリティ対策が実施され、データの漏えいや紛失のリスクを最小限にできます。また、個人情報保護法において、顧客からデータ削除を要請された場合、迅速にデータを削除することが可能です。倉庫業務における重要情報や顧客データをクラウド上で安全に管理できます。


(4)ソフトウェアのメンテナンスとアップデート

ソフトウェアのメンテナンスやアップデートが不要なので、常に最新の機能とセキュリティを利用できます。倉庫管理業務において、システム運用の負担が軽減されます。


(5)コスト削減

必要な機能や容量に合わせたサービスを選択することで、倉庫の成長に応じた柔軟な対応が可能となり、ハードウェアやインフラの設置コスト、保守や運用コストを削減できます。




目次

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ