ページの本文へ

ロジスティードソリューションズ株式会社

米国における物流を取り巻く環境

米国における物流を取り巻く環境

米国における物流を取り巻く環境

目次



※本内容は2023年8月時点の情報です。
※参照元URL:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)Webサイトhttps://www.jetro.go.jp/indexj.html

(3)米国の物流業務におけるIT活用のポイント!


米国の物流業務におけるIT活用のポイント!について解説します。

IT活用のためのより戦略的なアプローチが重要

SCM・ロジスティクス関連のビジネスモデルの計画段階でリスク分析を行い、戦略的なアプローチを採用することが必要です。また、テクノロジーへの投資、組織文化の変革なども重要になります。


(1)データセキュリティとプライバシー

物流業務におけるビジネスモデルを成功させるには、IT技術を活用した顧客情報や取引情報、トレーサビリティ情報などのデータ活用は不可欠です。ただし、関連法規制に従って、情報の適切な保護および統制に基づく管理が必要となります。適応可能な情報システムの選定が重要となります。


(2)技術とシステムの整合性

革新的な技術や情報システムの活用は、大きな効果を生み出します。しかし、既存のシステムやプロセスとの整合性の確保、組織内でのシステム統合やデータの一元化、従業員のトレーニングや業務プロセス変革なども重要になります。


(3)パートナー情報連携

SCM・ロジスティクス領域での業務改善には、サプライヤー、輸送業者、倉庫業者など、複数の関係者やパートナーとの情報連携が不可欠です。SCM・ロジスティクス領域における知見とコミュニケーション能力を有したITベンダーの選定が重要なポイントとなります。



物流業界における人材不足問題

新型コロナウィルス感染症などの緊急事態によるグローバルサプライチェーンの混乱や、電子商取引の成長により、物流セクターへの影響もますます大きくなり始めています。倉庫担当者やIT担当者などの物流業務を担う人材に対する需要も高まっていますが、適切な数の作業者を確保することは困難になっています。この背景には、専門知識や技能を持つ人材の不足、人口の減少や高齢化、若い労働者の志向の変化、優秀な人材の獲得と定着、採用や訓練のためのコスト増加などの問題があります。


(1)労働市場の多様化

必要とされる人材を獲得するための取り組みは、若年層、シニア層など、視野を広くして進めなければなりません。業務プロセスの標準化を進め、誰でも同じ品質で作業が進められる仕組み作りが重要となります。


(2)技能開発と教育プログラム

専門知識とスキルを持つ人材の需要は高く、労働者の技能開発と教育プログラムの強化、物流に特化したトレーニングや認定制度の拡充が必要です。また、物流業務に特化した情報システム活用による業務プロセスのサジェスチョン機能の活用は、業務トレーニング期間の短縮や業務の標準化を進める上で重要なポイントとなります。


(3)情報システム/IoT/自動化設備の活用

IoT機器・自動化設備を活用した物流業務の生産性の向上(ムリ、ムダ、ムラの削減)や作業品質の向上(業務リカバリー処理発生の抑止)による省人化推進には、それらを支える物流業務に特化した情報システムの活用が不可欠です。




目次

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ