ページの本文へ

ロジスティードソリューションズ株式会社

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

目次



このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

課題

作業者の入れ替わりの激しい物流現場でリスクを減らすには?

ソリューション

解決策

現場オペレーションの標準化で属人化を排除することが効果的でありおすすめです。
POINT

WMSが導入されていない現場では作業担当者が「どこに」「何が」保管されているかを記憶したり、手書き・手入力による管理帳票の作成など、担当者頼みの作業になるケースが多くなります。そのため、作業担当者の離職などの入れ替え時に混乱が生じることもあります。
システムを導入することで、倉庫業務のオペレーションを標準化でき業務属人化の排除が期待できます。
さらに、WMSを活用し事務作業のみならず入荷、検品、ピッキング、出荷などの庫内作業の効率化を図ることで作業者の負担やミスの軽減につながります。

WMS導入前

WMS導入前のイメージ

物流倉庫業務が属人化

  • 作業内容がブラックボックス化
  • 業務引き継ぎが難航
  • イレギュラー発生時、業務継続困難
  • 都度確認しないと作業進捗状況が見えない

WMS導入後

WMS導入後のイメージ

WMSにて作業ステータス管理を行うことで業務改善を実現

  • 担当者間の業務引き継ぎが容易
  • 複数人で同時に作業が可能

指示帳票、ハンディターミナルなどの活用で作業をナビゲート(作業標準化が可能)

  • バーコードによるチェックでスピーディーかつ正確な作業が可能
  • 端末の画面に表示される指示の内容に従い作業を行うため、迷いのないスムーズな作業が可能

システムより倉庫内の場所、商品、数量が指示されるので、経験豊富な作業担当者に依存するような作業をなくし、作業平準化を図ることができます。

目次

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ